お知らせ

NEWS
トップ

犬が喜ぶ3つのご褒美

DSC02942

犬が喜ぶご褒美を何種類知っていますか?
おやつや褒めること以外に、喜ぶことをおさえておくことで、より良い信頼関係に役立ちます。

今回は、代表的な3つのご褒美をご紹介します。

最初に、食べ物です。
トレーニングなどでよく使い、一番わかりやすいごほうびが食べ物ですね。
普段もらえないおやつを使うと効果を期待できます。
「おやつでなければいけない」と疑問にお思いの飼い主さん。
おやつ以外にも、普段、食べているドッグフードだって、立派なごほうびで
すので、アレルギーや病気で病院の処方食しか食べれないからといって、ごほうびならない訳ではないのです。

そして、飼い主さんの行動です。
飼い主さんに注目してもらうことや「いい子」「おりこうさん」と声をかけてもらうこと、なでてもらうことなどもごほうびになります。
飼い主さん自身がごほうびになることで、より信頼関係も深まっていきます。
でも、声をかけるだけ、なでるだけではなく、「おりこうさん!」と言いながら、同時になでてあげれば、より愛犬は喜びます。
その時、笑顔も忘れないでくださいね。

最後に、開放(解除)です。
「いいよ」や「OK」などの開放をしてあげることも、大事なことで喜ぶことなのです。
ブラッシングや爪切りなど、おとなしく我慢をしていてくれているので、終わったことを愛犬に伝えてあげないと我慢をし続けなくてはいけなくなります。
なので「いいよ」「終わったよ」などを伝えてあげて、開放(解除)してあげることが大切で、それだけで愛犬は嬉しいのです。
その時のポイントは、「いいよ」など伝えながら、軽く触れてあげることですね。

以上、3つのご褒美の紹介でした。

(2014年1月27日)

2014年1月27日