お知らせ

NEWS
トップ

チワワなどに見かける犬の震えは寒さのせい?

童謡「雪」の歌詞では、「犬は喜び庭駆け回り、猫はこたつで丸くなる」というのは有名ですが、「ウチの子はまるで猫のよう」という飼い主さんも多いはず。

本来、犬は寒さに強いはずですが、果たして本当にそうなのでしょうか。

_DSC0093

実は、犬種によっては原産国が様々なため、それぞれが作出された地方の環境に適応するようになっています。

犬の中で特に寒さに強いのは、「シベリアンハスキー」。

犬ゾリでも有名な犬種ですが、記録によると氷点下50度にもなる酷寒の中、500km以上もの距離をリレーしながら物資を搬送したそうです。

シベリア原産のこの犬種は、保温性に優れたダブルコートで極地系犬種の中でも特に寒さに強い特性があります。

その反面、暑さにはめっぽう弱い面もあります。

そういえば、日本でも「ハスキー犬ブーム」がありましたね。

_DSC0061

逆にいつも震えている印象が強い犬種といえば、「チワワ」ですね。

チワワという犬種はお馴染み「最小犬種」ですが、その歴史はとても古く、また作出目的も諸説あると言われています。

そんなチワワは、その小さい体の体温調整を維持しなくてはならないため、体を震わせることによって保温したり、時には大きな耳で放熱したりするために、震えている印象が強いのかもしれません。

また、小さい体躯なので怖がりな子もいて、その理由から震えがでるケースもあります。

そうと思えば、勝ち気だったり、甘えん坊だったり…そんな性格の幅もチワワらしさなのかもしれません。

_MG_0391

こうして、ポメラニアンや柴犬などのダブルコート(二枚毛)に比べ、マルチーズやヨークシャテリアなどのシングルコート(一枚毛)は保温性にすぐれないため、もちろん寒さには弱いです。

しかし、寒さだけが震えの原因ではないようです。

・荒い呼吸を伴う高熱の震え

・恐怖によるストレスの震え

・ヘルニアなどの痛みを伴う震え

・興奮による全身の震え

・高齢による足の震え

・下痢や嘔吐による震え

・あくびなどの緊張からくる震え

考えられる要因だけでも、これだけあります。

ただ寒いだろうという判断も、実は危険かもしれませんね。

愛犬をよく観察して、何が原因で震えているのかをみてあげてください。

こうした変化は、日頃のコンディションや触診で気づくことができます。

犬塾の「シャンプーコース」や「ヘアカットコース」では、体調の変化を見逃さないようチェックの仕方も学べます。

四季を通じて、愛犬の体調管理をサポートしてあげたいですね。

スクリーンショット 2015-01-28 13.45.37

2015年1月28日