犬塾のススメ

COLUMN

犬塾のススメ 愛犬のお手入れ道具の選び方・使い方 知っていますか?

プロが使う道具。揃えておきたい道具。

犬塾の体験レッスンでは、愛犬と一緒にブラッシングや爪切り、耳掃除にシャンプーといった行程をトリマーのサポートのもと体験することができます。
そんな中、よくある感想で多いのがお手入れ用品の間違った使い方や選び方。
今回はそんなお手入れに必要なオススメ道具をご紹介します。

意外に多い!?間違ったお手入れ道具の選び方

間違った道具選びとして、一番多いのがブラッシングに使う道具です。
一言にブラシといっても、その種類は多彩です。
実は、毛を梳かすにも色々な道具の選択が欠かせません。
それでは、ブラッシングにはどんな種類の道具があるのでしょうか?

ピンブラシ

ピンブラシ

主に長毛のブラッシングに適したブラシです。
長めのピンと弾力があるラバークッションは、マッサージ効果もあります。
被毛のもつれをほどくときや、体表の死毛、ホコリ、フケを取り除く効果があります。

スリッカーブラシ

スリッカーブラシ(ハードタイプ)

毛玉、死毛を取り除くにはスリッカーブラシが最適です。
ダブルコートと呼ばれる二枚毛の犬種には、換毛期と呼ばれる毛の生え変わり時期があり、その際に抜け落ちるアンダーコート(下毛)の除去に効果的です。
ただし、ピンブラシと違ってピン一本一本が鋭く硬いので、使い方には十分注意が必要です。

スリッカーブラシ(ソフトタイプ)

ハードタイプよりもピンが柔らかいため、万能的に使用することができます。
しかし、使い方にはコツがありますので、皮膚にあてる角度や強さなど一度プロに教わることをお勧めします。

コーム

コーム

いわゆる櫛のこと。
毛玉の有無を確かめたり、カットの際に立毛させる際に使用します。
無理やりコームで毛玉を引っ張ると、痛みを伴いブラッシング嫌いになりますので、正しく使いましょう。

獣毛ブラシ

獣毛ブラシ

主に柔らかい毛質のコートに使用します。
専用のオイルを馴染ませながら、毛に艶を与える目的で使用することもあります。

ファーミネーター

ファーミネーター

ダブルコートの下毛を除去するのに適した道具です。
熊手のように掻き取る方法で、死毛をドンドン除去していきます。

ラバーブラシ

ラバーブラシ

ラバー素材のブラシで、短毛で換毛する犬種に用います。
ラバーが毛を吸着するので、簡単にお手入れができます。

また、そのままシャンプーやドライヤーに使用することもできるので、重宝します。

いかがですか?
それぞれの道具には、ちゃんと用途があり、間違った使い方をしてしまうと、皮膚を傷つけたり、愛犬がブラッシングを嫌がったりしてしまうようになります。
「うちの子はブラッシングを嫌がってしまうからできない。」
犬にも嫌がる理由は、ちゃんとありそうですね。
愛犬に使っている道具は適切か、もう一度見直してみるのもいいかもしれませんね。

トリマースクールに潜入!プロトリマーはどんな道具を使ってる?

トリマーは技術職です。
職人ならではの道具へのこだわりは、作業の効率化を追求した結果生まれます。
プロの道具を知ることが、お手入れの近道になる!
そんなことで、犬塾に隣接するプロトリマーの養成スクール「青山ケンネルスクール」で、ブラシ以外の専門道具も調べてみました。

爪切り

爪切り

犬の爪は以外に固くハサミタイプよりも輪の中に爪を入れて切るギロチンタイプをプロは使います。ハサミタイプは使い慣れた形でもあり使いやすそうなのですが、固い爪に対してはギロチンタイプのほうが無理なく爪を切ることができます。

爪やすり

爪やすり

切った後の爪の切り口は尖っており、犬と遊んだり、抱っこしたりした時に傷をつけられてしまうこともあります。また、犬が自分の体を掻いた時に皮膚を傷つけてしまうこともあるので、爪やすりはしっかりと行います。

止血剤

止血剤

爪の中には血管が通っていて、血管を切ってしまうと痛みを与えることになるので注意しましょう。もし爪を切りすぎて出血した際は、適量を指でつまんで患部に押し付けるように塗る止血剤が必要です。

鉗子

鉗子

ハサミ状のハンドル部分とピンセットのような先端部分が特徴的。耳の中に生える毛を抜いたり、コットンを巻きつけて掃除したりするのに使用します。

イヤーパウダー・イヤークリーナー

イヤーパウダー

耳の中に毛が大量にあると、そこに水分や耳垢が付着して取り除きにくく、外耳炎の原因ともなる細菌や真菌などが繁殖しやすくなってしまうので毛抜きのお手入れが必要です。
イヤーパウダーは耳の毛抜きを行う際のすべり止めに用います。

イヤークリーナー

犬の耳の穴では耳の奥に入ろうとする細菌やほこりなどを分泌物でキャッチしています。この分泌物が耳垢になります。耳垢が多くなると汚れのもととなり、細菌や真菌、ミミダニのエサとなって外耳炎を引き起こすこともあるので、こまめな耳掃除が必要です。その際に役立つのが耳の中の汚れを落とすイヤークリーナーです。

バリカン

クリッパー

いわゆるバリカン。足の裏や肛門まわり、腹部の毛を刈ったり体全体を短く狩り揃える際に使用します。プロ用は切れ味が抜群。ただし使い方次第では怪我もさせやすいので、正確な技術が必要です。犬塾では正しいバリカンの使用方法を学べます。

替刃

クリッパーの替刃。1mm~16mmと様々な種類がある。
アタッチメント式のクリッパーもある。

仕上げばさみ

仕上げばさみ

カット全般に用います。その中でも形状や長さなど様々な種類があります。

梳きばさみ

梳きばさみ

櫛状の刃で、毛量の調整に使用します。
クリッパーで毛を短くした部分をぼかし込んだり、柔らかく仕上げたいときに使います。
ハサミの跡がつきにくいため、家庭でも比較的使いやすいハサミです。

他にも、トリマーには専門的な道具がたくさんありますが、今回は一般でも使える道具を紹介しました。

これは便利!犬種別にこれだけは揃えておきたいお手入れ道具

JKC(ジャパンケネルクラブ)より2014年度の犬種別登録頭数ランキングを元に、犬種ごとに最適なブラシを調べてみました。

ピンブラシ

ピンブラシ

長毛のブラッシングに適したピンブラシはポメラニアン、ヨークシャテリア、シーズー、マルチーズへの使用に向いています。

スリッカーブラシ

スリッカー

プードル、チワワ、ダックスフンド、ポメラニアン、柴、シーズー、マルチーズ、シュナウザーなどダブルコートと呼ばれる二枚毛の犬種には、スリッカーブラシが最適です。

コーム

コーム

毛玉が出来やすかったり、カットが必要な犬種に使用します。プードル、チワワ、ダックスフンド、ポメラニアン、柴、ヨークシャテリア、シーズー、マルチーズ、シュナウザー

ファーミネーター

ファーミネーター

換毛期に抜け落ちる下毛が比較的多いへの使用に向いています。

ラバーブラシ

ラバーブラシ

皮膚が弱く抜け毛が多い犬種には肌に優しいラバーブラシが向いています。
フレンチブルドッグなど

犬塾ではお手持ちの道具の使い方まで教えます!道具のない方もレンタル可能です。

犬塾のレッスンでは、全ての道具がレンタルで利用できます。
来塾の際は手ぶらでお越しいただけるのですが、中には以前ネットで購入したバリカンやハサミを持っているという方がいます。
そのような場合でも、使い方をご指導しています。
安全に、効率よく、道具を使い分けるのも、上達への近道。
そうしていつの間にか専門道具をそろえてしまいました!なんて塾生もいらっしゃいます。
みなさん、技術を学ぶうちにハマってしまうようです。
ご自宅で眠っている道具を、犬塾で活躍させてみませんか?

犬塾ではお手持ちの道具の使い方まで教えます!道具のない方もレンタル可能です。

index

COURSE

犬塾では下記の3つのコースから選ぶことができます。
入会金無料、道具は無料貸出しですので気軽に受講することができます。