犬塾のススメ

COLUMN

犬塾のススメ 雨の日に散歩される方に知っていただきたいこと

雨の日に散歩される方に知っていただきたいこと

愛犬と一緒に、清々しくお散歩。飼い主にとっても楽しいひとときですね。
しかし、時にはそうでない日もしばしば…。たとえば、「雨の日」ではどうでしょう?
ウチの子はお散歩じゃないと排泄しない…。運動不足が解消されない…。という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
けれど、帰ってきたらビショビショ…。足元はドロドロ。飼い主さんにはストレスになることが多い状況です。
そこで今回は、雨の日でも散歩にでかける方に知っていただきたいお話しです。

雨の日のお散歩にはやっぱり雨具が必要です。

雨の日に散歩に行かれる方は犬用の雨具をすでにご用意されているかと思いますが、
自然のままのほうがいいということで、雨具を使用しない方もいらっしゃるのではないでしょうか?
雨具を着させておくと、散歩後の濡れた身体を拭いて乾かす作業や、ほこりや汚れをとる作業が断然楽になりますので、雨の日でも散歩に行かれる方にはぜひ用意していただきたいアイテムです。

そこで、市販されている犬用雨具を調べてみました。

・レインポンチョ・・・安価で手軽な雨具。短毛の犬種にオススメです。
・レインコート・・・足首まで隠れるものなどいろいろなバリエーションがある万能雨具です。
・泥除けエプロン・・・ダックスフンドなどの短肢犬種にオススメ。地面からの跳ね返しをガード。
・フローティングベスト・・・ウォータースポーツでも活躍するライフジャケット。
・お散歩傘・・・リード一体型の犬用傘。レインコートを嫌うワンちゃんには傘タイプがオススメです!

犬種、サイズによって最適な雨具がありますので、愛犬にピッタリな雨具を見つけてください。

vol15_img_01

意外に危険!?指間炎にも繋がるお散歩後の足洗い。

晴れた日であれば、濡れタオルなどで軽く拭くだけのお手入れも、雨の日となるとそうはいかないようです。
ドロドロの足先を見てしまえば、洗いたくなるのは当然。
最近では、犬専用の足洗い場などの外水栓を設置しているお家もあるようで、お散歩後の習慣になっています。
しかし、そこには意外な落とし穴が…。
皮膚疾患に多い指間炎の多くは、お散歩後のケアの仕方に原因があります。

・原液のシャンプーで洗っている
・乾かしはタオルドライのみ
・指間までは乾かしていない

次の項目に1つでもあてはまる飼い主さんは、もしかすると指間炎になる予備軍かもしれません。

vol15_img_02

プロが伝授!正しいお手入れ方法。

小雨程度であれば、足先のケアで十分な雨の日散歩も、これから増えるゲリラ豪雨にあたってしまってはどんな雨具もかないません。
体まで濡れてしまったら、やはりお風呂場にまっしぐらですね。
犬塾のシャンプーコースでは、ブラッシング、爪切り、耳掃除といった基本的なお手入れ以外に、シャンプーの仕方と乾かし方をレクチャーしています。

独学でのワンちゃんのお手入れではなく、犬塾で正しいやり方を学んで、犬にも飼い主さんにも負担の少ない、楽しい雨の日の散歩を行っていただきたいと思います。

1000円体験レッスン受付中

犬の問題行動にも目を向けてお散歩自体をより楽しくしましょう!

雨の日のお散歩を楽しくするためには、お散歩自体ももっと楽しくしていきたいですね。
前回「犬目線で問題行動を減らし、飼い主も犬も楽しい散歩に。」という記事を掲載しました。
この記事では、人の役に立てることこそが犬にとってのストレス発散につながるという考え方で、犬本来の習性の理解や犬のしつけの必要性に触れています。
雨の日の散歩とともにぜひご覧ください。

index

COURSE

犬塾では下記の3つのコースから選ぶことができます。
入会金無料、道具は無料貸出しですので気軽に受講することができます。