犬塾のススメ

COLUMN

犬塾のススメ 熱中症対策の意外な落とし穴??

熱中症対策の意外な落とし穴??

今年も茹だるような猛暑が続いています。
至る所で熱中症への注意喚起がなされていますが、愛犬の熱中症対策も怠ってはいけません。
毎年、夏の時期に起こる犬の熱中症患者は後を絶ちません。
そのほとんどが、気をつけていたにも関わらず、意外な落とし穴で起きています。
今回は愛犬を守るために飼い主が知っておかなければならない熱中症予防について紹介します。

人と犬の体感温度にご注意

最近では、愛犬の散歩時に高温のアスファルトをいわば素足で歩くことでの火傷対策としても、犬用の靴などが販売されています。
夏の炎天下、地面は触れないほどに熱されます。
しかし、だからと言って素足が地面に触れなければ良いかといったら大間違い。
実は、人と犬とが感じる暑さは大分異なります。
それもそのはず、大きな違いが背丈です。
人の頭部は地面から1m以上離れていますが、犬ではどうでしょう?
よく最高気温を告げるニュースで、アスファルト上に陽炎が映されています。
実は、高温は地面だけでなく、照り返しからうける低空こそその影響を受けています。
その位置にちょうど犬がいるのですから、気温の高い日中のお散歩は控えた方が良さそうです。

熱中症対策

夏はサマーカットに要注意!?

トリミングで、「サマーカット」というカットスタイルをご存知ですか?
四肢と顔の被毛を残して、体の部分をクリッパー(バリカン)で短く刈るスタイルです。
「うちの子は、夏になると暑そうにしてるから、いつもこの時期はサマーカットなの」
毎年夏になるとサマーカットにスタイルチェンジする飼い主さんも多いはず。

トリミング後、サッパリ短く仕上がった愛犬を見て、涼しそうと眺めていませんか?
もちろん、本人も涼しいはずです。

しかし、ここには大きな落とし穴が…。
実は、犬の被毛にはちゃんとした役目があります。
その一つが、紫外線からの防御です。
人間も髪の毛があることで、直射日光を防ぐことが出来ますよね?
男性なら分かるかもしれませんが、暑いからといって短髪、ましてや坊主にでもしてしまったらどうでしょう?
夏場の炎天下では頭皮が火傷してしまいます。
女性でも帽子を被ったりして、直射日光対策をしますよね?
この役割が犬の被毛です。

そうなんです。サマーカットで被毛を短くしてしまうと、直射日光が皮膚に差し込んでくるため、余計体温が上昇してしまうんです。
なにより、犬の体感温度はお腹やパンディング(ハァハァという口呼吸)で行います。
したがって、生活スタイルや犬種の毛質、そして時期によってはサマーカットの選択に注意が必要ですので、担当のトリマーさんの助言のもと、慎重にオーダーしてもらいたいと思います。

photo_2

もしも、愛犬が熱中症にかかってしまった時、診てもらう病院はありますか?

日中の散歩を控えたり、犬種にあったサマーカットをしていただくことで、愛犬の熱中症の予防をしていただきたいですが、それでも万が一熱中症になってしまうケースもあるかもしれません。
そんな時は愛犬を診察してもらうことのできる信頼できる病院も見つけておく必要があります。
最近では、納得のいく病院が見つからず、動物病院を転々とする「動物病院ジプシー」となってしまっている飼い主さんも増えていると聞きます。
以前「あなたも動物病院ジプシー?信頼できる病院の探し方」という記事を書かせていただきました。
こちらも参考にしていただき、信頼して愛犬を任せられる動物病院を見つけていただきたいと思います。

index

COURSE

犬塾では下記の3つのコースから選ぶことができます。
入会金無料、道具は無料貸出しですので気軽に受講することができます。