自分で犬の肛門腺絞りができるように なりたい

img_vent

肛門線が溜まると、破裂してしまうことがあるんです。

試してみたが、コツが分からない。絞れなかった。そんな声を良く耳にします。肛門腺というのは、肛門の左右にある、刺激臭のする液体が溜まる場所。定期的に絞り出してあげないと、破裂してしまい、お尻がただれてしまいます。お尻を床やカーペットに擦り付けて歩いている姿を見かけたことはないですか?溜まってきたサインかもしれません。シャンプーをするタイミングで肛門腺もしっかり絞ってあげましょう。犬塾のシャンプーコース、ヘアカットコースならきちんとコツを学べます。

一般の愛犬家の皆様が一番知らないことです。自己流でシャンプーをしても、2~3日で臭いが出てくることは、この肛門腺を絞らない結果です。肛門腺を放置しておくと、お尻を地面に擦り付ける行動で肛門が破裂します。そうなると、医師の元で手術をする結果になります。肛門腺の場所を丁寧に教え、正しく絞る指導をいたします。肛門腺絞りのポイントは、月2回、愛犬が快適に過ごすためにしっかりと肛門腺を絞ることです。

案内書資料請求

犬塾では、パンフレットをご用意させて頂いております。フォームに必要事項をお書き添えの上お申込みください。

ご入力いただいた個人情報(お名前/メールアドレス)は、法令の定める場合を除き、お客様の許可なく利用目的(お問い合わせ、及びメッセージへのご返答)以外の使用及び、第三者へ開示をすることはございません。


お名前 (必須)
例 )澤地 弘壮
メールアドレス (必須)
例 )mail@inujku.jp

こちらのメールアドレスにご返信いたしますので、お間違えないようにご記入ください。

電話番号 (必須)
例 )03-3487-9755
郵便番号(必須)
例 )154-0001
住所(必須)
例 )東京都世田谷区池尻3-4-5 2F

住所に資料をお送りいたしますので、番地までご記入ください。マンション・アパートに在住の方はお部屋の番号もご記入ください。


犬塾にできること