お知らせ

NEWS
トップ

トリミングサロンの送迎車を徹底研究!ラッピングカーも続々登場!

トリミングサロンの送迎車を徹底研究!ラッピングカーも続々登場!

定期的に必要とされる愛犬のトリミング。最近では、人の散髪よりも愛犬のトリミング頻度の方が多い…そんなご家庭も少なくないようです。
気温も暖かくなり、外出の機会も多くなったことで、より一層愛犬の身だしなみにも気をかける愛犬家は多いはず。しかし、そんな飼い主さんたちにもトリミング時の悩みは尽きません。
その中で予てから必要とされているサービスが、トリミングの送迎サービス。今回は、そんな送迎サービスで活躍する送迎車を徹底研究しました。

・飼い主さんにはかかせない送迎サービス

・大切な家族である愛犬の輸送

・知られざる送迎車の車内を公開!

・お迎え来た来た!人目で分かるラッピング送迎車も続々登場。

飼い主さんにはかかせない送迎サービス

トリミングサロンの送迎サービス

実は日本は今、犬の飼育頭数の増加に対し、トリミングサロンが足りていないという状況だそうです。(参考:ペットショップさんから「トリマーが足りません!」)
また、飼い主さんの高齢化もあり、気軽にトリミングサロンへ連れて行く、といった環境が整っていないのが現状です。
こうした状況から、愛犬の送迎サービスを行うトリミングサロンやペットショップは少なくありません。送迎に使われる送迎車は、愛犬、そして飼い主さんとお店をつなぐ大切な役割を持っています。

大切な家族である愛犬の輸送

送迎車に使われる軽バン

一般的にトリミングサロンの送迎車には、荷台のスペースが一定量確保できる軽バンのような軽自動車が使われます。
積載スペースの確保と送迎に訪れる先が住宅地などの細い路地でも運転しやすいことが理由です。
しかし、一番重要なのは、乗車する愛犬たちのこと。トリミングサロンでは一定圏内での送迎エリアという範囲が決まっており、その中で複数の愛犬たちを送迎していきます。中には、犬同士の相性が悪い場合や、車酔いの激しい犬、大型犬の乗車などもあり、送迎ドライバーは細心の注意を払いながら運転していきます。

知られざる送迎車の車内を公開!

送迎車内のケージ

幼稚園などの送迎バスとはまた異なり、犬の送迎にも色々な注意点があります。
安全に、そして迅速に、愛する家族が待つお家へお届けするために、送迎車には色々な工夫が凝らされているようです。
ちょっと車内を覗いてみました。
まず目に飛び込んできたのは、固定されたケージ。飼い主さんの中には、ケージの中に愛犬が入ることを心配される方もいますが、実はとても大切なことなんです。ケージレスの状態で乗車するといつもと違う環境に興奮して、運転の妨げになったり、他の犬とのトラブルになったり。安全面ではケージでの輸送が不可欠となります。
また、一見すると少し狭く感じるケージのサイズ。これも心配になってしまいますが、実は輸送時、大きめサイズのケージ内では、クルマの揺れを最大限に感じるため、車酔いの原因になってしまいます。そこで、ある程度の揺れでも体がケージ内で振られ過ぎない一回り小さめのもので運びます。

愛犬の送迎

他にも、輸送中に粗相してしまった時の清掃用具や、ケージの固定器具、大型犬のリード用フックなど、外観からは想像できない工夫がされています。こうして、大切な家族を安全迅速に運ぶため、今日も送迎車が街を駆け抜けています。

お迎え来た来た!人目で分かるラッピング送迎車も続々登場。

最近では、ラッピングされた送迎車も多く見かけるようになりました。トリミング送迎車だけにかかわらず、色々なラッピングカーを見かけると、思わず見てしまいますよね。
実はこの度、そんな街を駆け抜ける送迎車に犬塾のラッピングカーが仲間入りしました。
犬塾自体は、飼い主さん自らがお手入れやしつけを学ぶ塾なので、送迎というサービスはしていないのですが、系列のトリマー育成スクール「青山ケンネルスクール」の送迎をお手伝いしています。犬塾のパンフレットもご用意しておりますので、見かけたらドライバーさんにお声がけくださいね。

青山ケンネルスクールの送迎車

青山ケンネルスクールの送迎車

青山ケンネルインターナショナルの送迎車

青山ケンネルインターナショナル(ペットショップ)の送迎もしています

犬塾のラッピングカー

犬塾のラッピングカー

犬塾のパンフレットも配布中

犬塾のパンフレットも配布中!

そして今日も、たくさんのトリミング送迎車たちが大切な命を乗せて街を駆け回っています。

大切な愛犬を運んでいます

2016年5月2日